いろとりどり

音楽、映画、テレビドラマなど、いろいろなことを紹介できたら、いいな。ゆったり気ままに書いていく感想ブログ。の予定。のはずが最近は目下ラジオ文字起こしブログになっている(笑)

リトグリのミューズノート ラジオ文字起こし『泣きたいときに聴く曲』

リトグリのミューズノート】https://www4.nhk.or.jp/muse/

 この番組は、リスナーのあなたと一緒に楽しみながら、いろんな企画を通して毎回新たな音色を集め、リトグリが“音楽のミューズ”を目指すミュージックプログラムです!
NHK-FM 毎週木曜 午後11時 | 再放送 翌週木曜 午前10時 / ラジオ第1 再放送 毎週木曜 午後4時05分

 (番組公式サイトより引用)

※この番組は、NHKラジオ「らじる★らじる」でも配信されています(最新週のみ、初回放送後1週間限定 聞き逃し配信)。https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/
※文字起こしはところどころ省略していますのでご了承ください。
※番組内で紹介された音楽は、可能な限りYouTubeのリンクを張っています。
※発言者と発言内容が一致していない場合もあります。その際はご指摘いただけると有難いですm(_ _)m

 

第14回『泣きたいときに聴く曲』(2020/4/9 初回放送)

MAYU私達、一日前、4月の8日。
かれんはい。昨日ですね。
MAYU:ライブDVDを、リリースいたしましたっ。
かれん(パチパチパチパチ)ありがとうございますっ。
MAYU:去年の、代々木3daysね。こけら落とし公演やらしていただいたんですが。その時のライブが、リリースされるということで。
かれんはい。
MAYUなんかすごいね、まだ最近な感じしますけどね。
かれんそうだねぇ。あのー、すごい、観に来ていただいて、好評だったのはやっぱソロコーナーですね~。
MAYUそうですね。しかも、収録されたの嬉しいですよね、あのソロコーナーが。
かれんね、ファンの人も「嬉しい~!」ってすごい言ってくれてて。
MAYUうん。
かれんそうね、すごい、あのー個性が出てるね、5曲になったなぁって、思いますっ。
MAYUはい。すごくね、来てくださった方ももちろんいらっしゃると思いますし、来れなかったって方もね、ぜひ楽しみにしていただければなと、思いますっ。
かれんぜひチェックよろしくお願いしますっ。
MAYUはい!よろしくお願いしますっ!そしてですね、メールをここで、一通紹介したいなと思います。
かれんはい。
MAYU20歳の方ですね。同い年ですね、私と。〈私の音楽の思い出は、いろんなことが重なって、自分の感情が入り混じって疲れていた時に、ふと車でリトグリさんの歌う中島みゆきさんの"ファイト!"が流れてきました。すると、自分でも何故かわからないけど、涙が溢れだして、曲が終わってからも泣きっぱなしでした。素晴らしい楽曲と、リトグリの皆さんの力強い声に込みあげるものがありました。今となれば、あの時はいろいろ抱えていたなあと思い、良い思い出です。〉
かれんあ~ら~。
MAYUやっぱり、自分がさ、なんだろ。気づいてないだけで、しんどい時とかって、あるからね。
かれんうん、そうだね。はい。
MAYUきっと、その時しんどかったのかな。ピスタチオさん自体がね、「今思えば」って言ってはるから。
かれん嬉しいね。
MAYUでもね、なんか、響くような曲を私達が歌えてるっていうのも嬉しいですし。
かれん嬉しいです。
MAYUね。これからも、いろんな場面で、私達の曲を聴いていただけたらなと思います!ありがとうございます。
かれんありがとうございますっ。
MAYUそして、このメールから、ちなんでなんですけど。
かれんうん。はい。
MAYU泣きたい時。ま、人間だからあると思うんですが…。(イケメン風な声色で)「思いっきり、泣いちゃう派っ?こっそり泣く派っ?それとも、我慢する派っ?」っという…。
かれんくっふふっははっ(笑)
MAYU質問なんですけど(笑)
かれん涙の種類にもよりますよねぇ。
MAYUま~そうですねっ!
かれんなんか私ぃ……は……。感動の涙はすごいボロボロ、泣きます。あのー、映画観たりとか。なんかね前、飛行機で、周りの人が引くぐらい泣いてたと思います、感動で。
MAYUあっ、そう!
かれん……そう、けど。なんか、なんだろ。悲しい、時とか、人にはあんまり見せないかも。そういう、涙は。
MAYUそうねっ。かれんが泣いてるのは……なんか、そんな見たことないというかここ最近は一切見てない、かな。
かれんあんまりね。そうね、感動する以外はあんまり人前では泣かないかもしれない。
MAYUなんか、これが負担になる…ま、かれんやから多分大丈夫やと思うから言うけど。
かれんはいはい。ふふっ(笑)なんですか?
MAYU:かれん……強い、ですよねっ。
かれんっふははは(笑)よく言われるし、自分でもそう思います。
MAYUうん、そう自分で思ってるから、言っても大丈夫かなって、今思った。
かれんうん。気遣い、ありがと(笑)
MAYUう、あ、そういうとこ。
かれんどうも(笑)
MAYU:そういうとこ、できる女やから。ああ、ああ、ああ。(照れ隠し風に)
かれん:そういうところ、できる女MAYUですね。んははははははっ(笑)
MAYUやらしていただいてますけども。んはっ(笑)
かれんくっくっ(笑)MAYUはっ?
MAYU私、はぁ!……なんか、全然この感動とかの涙、とかじゃないんですけど。
かれんはいはい。
MAYU小学生ん時は…。多分想像つかないと思うんですけど、毎日泣いてました。
かれん:小学生?
MAYUうん。
かれん可愛いねぇっ(笑)
MAYUんふっ(笑)うん、可愛いよねぇ。今思えば可愛いよねっ。
かれんんふふっ(笑)可愛いよ?っくっくっく(笑)
MAYUでも自分でもぉ!なんか今、自分の話じゃないですか。でもしながらちょっと、「あれ、ほんまに私やったんか?」って思うんですよ。
かれんうんうん。あ、他人事かと思うぐらい…今と違うと。
MAYU今と。そうっ!なんかもう、私のキャラじゃないじゃん、泣くとか。
かれん確かにね。
MAYUなんかどっちかっていうと「私は泣いたことがない」って言ってそうやん。
かれんんっはははは(笑)歌ってたからね、実際。中学生の時にね(笑)
MAYUあっ!歌ってたよね!オーディション中に歌ってたよね、"飾りじゃないのよ涙は"ね(笑)
かれん「♪私は泣いたことがない~♪」って歌ってたからね(笑)
MAYU散々泣いてたけどっていう…。
かれんはい…。んふふっ(笑)っくっくっくっくっ(笑)
MAYUふっ(笑)そんな、そんな、時代もありましたっ(笑)
かれんありましたねぇ(笑)
MAYUはい。で私、初めての武道館の時。
かれんはいはい。2017年かな?
MAYUそう。私ライブとかであんまり、泣かないんですよ。感動はもちろんするけど。でも、多分私最初に泣いたんですよね。
かれん泣いてたぁ。
MAYU:一番最初に泣いて自分でもビックリした。
かれんねっ。ガチで歌えなくなるぐらい泣いてたもんね。んはははは(笑)
MAYUふふふっ(笑)泣いてたっ(笑)ヒクヒクなる…ね(笑)、なった。
かれんなってたよね(笑)ヒックヒックなって。
MAYUなんかまあそん時もちろんいろんな感情がありました。うん。
かれんそだね。嬉しいなって、嬉し涙もあったしね。
MAYUっていうのと、そう。自分的にその時期が、結構自分と闘ってた時期だったから。そんなんもあって…。
かれんああ、うんうん。そうですねぇ…。……あと、私かれんは、絶対に泣かない女みたいな、ね?さっき言ってましたけど。
MAYUうんうん、でもそういうイメージがファンの方もあるんじゃないかな?
かれんそんな私かれんが、唯一泣いたことがありまして。多分みんな知ってると思うんですけど。
MAYUうん、つい泣いちゃったエピソード?
かれんそうです、つい泣いちゃったエピソード。なんか、"会いにゆく"っていう私達の曲が、あるんですけど。
MAYUうんうん、うんうんっ。
かれんレコーディングしてて、あの、ハモリのパートが難しすぎて、覚えられなくて。それで悔し涙を流したことはあります。なんか、なんだろ。「何でこんなことも自分、覚えられないんだろう?」とか、なんかすごい、この、なんていうの?覚えられないこの時間をすごい、「スタッフさんに迷惑かけてしまっているな…」とか。なんかすごい、いろんな思いが混じって、そん時はね、悔しくて泣いちゃったんですけど。
MAYUうんうん。
かれん今聴いてみると、「こんなん難しすぎてそりゃ覚えられへんわっ!!」って(笑)
MAYUんはははははっ(笑)そうっ(笑)
かれん思うぐらいっ!(笑)複雑なラインで。やっぱレコーディングってその場で聴いて覚えて、その場で歌うので。やっぱそれは不可能に近かったなっていうのはねっ(笑)今改めて思いますけど。
MAYUいや、最近もその話したじゃないですか。ちょうどしてて。
かれんそう、してた、してた。そうそう。
MAYU:いや、あれ難しいよっ!?
かれんそう、すごい難しいんですよぉっ。なんか、このラインが来るだろうって思う、全然違うラインが、来るからぁ…っ!
MAYU:違うとこ行くよねっ!?そっ!!予想したラインじゃないとこ行くからぁっ!!うん。
かれん:そーなんですよっ!!そ、だから難しくて。そん時はね、泣いちゃったんですけど。ま、それも良い思い出ですね。
MAYUね。でも珍しいなって思った、それを聞いた時に。
かれんそう、初めてだったんですよね、レコーディングで泣いちゃったの。まあそんな過去も…。
MAYUそう、私達ねっ。凄いことしてんだよっ!って。
かれん:そうだよっ。ほんとだよっ(笑)
MAYUこれで伝わったんじゃないっすか(笑)んはっ(笑)と思いますっ。
かれんほんとだよぉっ(笑)んっはははっ(笑)っくっくっくっく(笑)
MAYUんっはははははっ(笑)はいっ!というわけでですね。
かれんはいっ!
MAYU今日二人が、話していくね、ミュージックテーマは、「泣きたいときに聴く曲」です。早速、では私から、いきたいと思います。私MAYUが選んだ、この曲から。大阪の路上から響いた、心に刺さる歌詞と美しいハーモニー、コブクロさんの"風"です。
かれんん~。MAYU、コブクロさん好きだもんねぇ。
MAYUすごい好きですね。ほんと普段からも、すごい聴くんですけど。特にこの"風"っていう曲が好きで。あの、基本私、幸せがその中にない曲が好きなんですね。
かれんそうだね。
MAYUアンハッピーっていうんですか?
かれんうんうん、うん。
MAYUあの、「結果的に、最初っから最後まで、悲しい」って曲が好きなんですよ(笑)
かれんうん(笑)んははははっくっくっくっく(笑)
MAYU結構、メロディー。メロディーが私の中で重視で、そっから私は歌詞って入っていくんですけど。
かれんはいはいはい。切なめのメロディーだったりね?
MAYUそうです、そうです。で、まさに私が好きな感じだったし。ちょうどね、今寒い時期からあったかくなっていって、桜も咲いてくる季節じゃないですか。
かれんそうですね。
MAYUそこがね、歌詞にもすごく合ってたので。この季節とね。だから、それも選んだ理由の一つです。それでは聴いてください。

 

M1: "風" コブクロ


Kaze

 

かれんん~。(パチパチパチ)有名、ですよね。
MAYUあっ、ほんとですか?知ってました?
かれん私、知ってました。
MAYUあっ、ほんとっ?
かれんでも、メロディーだけ聴くと、そんな悲しい感じには全然思わないけど、
MAYUあっ!そうね。
かれん歌詞見たら……ちょっと切ないねぇ。
MAYUそう、なんか、そういうのも、好き。でも、めっちゃ明るいってわけでもない中から、感じ取れる切なさっていうのが、好きですね。
かれんそうですね。
MAYU特にね、落ちサビのね、「あなたを忘れてしまう程の 恋が胸を焦がす日まで この道は誰とも歩けない」ってとこがめっちゃ好きで。
かれんあら。
MAYU:……え、もう……切ないやんっ!……ふふっ(笑)
かれんふふふっ(笑)くっくっくっくっく(笑)あははっ(笑)
MAYUえへっ(笑)切ないやんっ!……ていう、思い。
かれんうん。そうだね?「あなたのことを忘れてないよ、今でも」ってね?
MAYUそうだから、この時期がくると、思い出すんですよ。
かれん:「あなたのことを思い出しますよ」って。余計切ないね。
MAYUああ~…そういうのが好き。
かれんんははははははっ(笑)
MAYUふふふっはははははっはははっ(笑)
かれん:…大丈夫っ!?
MAYUだいじょうb、え、大丈夫、大丈夫!!なに、情緒の心配ですかぁっ?大丈夫ですぅっ!
かれんあははははははっ(笑)はいぃ(笑)あはははははっ(笑)
MAYUちゃう私ぃ!その時の、自分の感情関係なく、こういう曲が好きだから。
かれんが好きなのね?なるほどね?
MAYUそうだからめっちゃ元気な時でも聴くし、泣きたい時でも聴くし、うん。
かれんなるほど。はいはいはい。こういう曲が好きであると。はい。ふへっ(笑)
MAYUはいっ。はいっ。でもほんとに泣きそうになる。この曲聴いてると。
かれん良い歌ですね。良いメロディラインだなって、思います。
MAYUありがとうございます。でもこれ、私カラオケで、歌うんですけど。なんか、聴いてるとそんな感じないのに歌うと結構難しくて。
かれん:ぅぇえっ!?
MAYUなんだろ、リズムの取り方っていうのぉ?歌い回しの取り方とかが意外と難しくて、遅れていっちゃうんですよ、ちょっと。
かれんへぇぇ。マジか。
MAYUそうだから、ちょっと、挑戦してみてください、今度。
かれんはい、今度、しますぅ。
MAYUはい。あっ、じゃあ、ちょうど二人で行ったら、二人で歌えるんで。
かれんそうですね。あ、一番と二番とみたいな?
MAYUあっ、はい。あの多分、色分かれるじゃないですか。青と緑みたいな感じで。それで、やらしてもろてもいいですか?
かれんあっ、そうですね、はいはい。あっ、じゃ、お願いします。
MAYUあっはい、よろしくお願いします。……はい。ということでですね、はい(笑)
かれんふふふっ(笑)あはははっくっくっくっ(笑)
MAYUそんな感じで、私達も一度ね、一緒に歌わせていただいたことがあって。
かれんあっ、そうねっ。はい。
MAYUだから私、も、すごい、嬉しかったですっ。
かれんねっ!
MAYUうん。なんか今でも覚えてるし、写真撮っていただいたのも、保存してる。
かれんうんうん、ねっ。良い思い出。
MAYUうん、またね、どこかでご一緒できたらなという、思いですっ。じゃあ続いてかれんの選んだ曲にいきたいと思いますっ。
かれんはいっ、私かれんが選んだのは、私達…
MAYUんんっ?
かれんLittle Glee Monsterの"JOY"ですっ!(パチパチパチ)
MAYUあらっ!私達っ!"JOY"。
かれんはい。そうなんですよ。あのね、ちょうどこの曲をヒャダインさんからいただいた時に、なんか、自分的に、なんていうんだろ。ちょっと、辛かった…辛かったというかしんどかった時期、だったので。
MAYUうん。うん。
かれんそ、自分がね、ちょうど歌っている…私かれんが歌っている歌詞のところに、歌いながら助けられたんで…。ちょっとその、思い出と共に、選んでみました。
MAYUまさか自分達の曲がね、励まし…。でも、ね、あの、私は、その話を聞いたことがあるので。
かれんうん…。なんかね、当時は、やっぱり学生でね、まだ若かったんで。なんかスタッフさん?とかにも本音を出せなくて。
MAYUうんうん、うん。
かれんなんか大人、と喋るのが怖かったんですよね。で、なんか、あんまり言いたいことも言えないし、自分の表現の仕方もあんまりわからないし……とか。なんかデビューしたてだからこそ忙しくて、学業との両立も難しいし、みたいな。まあいろんなことが重なって重なった時期、であったので。
MAYUうんうん、うんうん。重なったね?うん。
かれんそ、ちょっと辛かったんですけど、この曲に助けられたので。今日は選んで、みましたっ。それでは聴いてくださいっ。

 

M2: "JOY" Little Glee Monster


Little Glee Monster「JOY」 弾いてみた ピアノ

open.spotify.com

 

かれんそうなんですよ。私がね~、勇気をもらったのは、『「しんどかったね」ってさ 一緒に泣いてくれた 僕は 僕のままでもいいんだね』っていう、自分が歌ってる二行で。
MAYUうんうんうん。
かれん「ああ、自分は自分のままでいいんだなぁ」って。「ああ、ヒャダインさん……」って。
MAYU「ああ、ヒャダインさん……」って。
かれんヒャダインさん……」って(笑)えへへ(笑)
MAYUね、ヒャダインさんは、リトグリを想ってね、歌詞を書いてくださった方でね。
かれんそう。なんか、私の中ではヒャダインさんは、アイドルの子達によく楽曲提供をしてるイメージがあったので。なんかそういう感じの、曲が…。
MAYUね、あのー、みんなで盛り上がる感じのね?
かれんそうそうそう!うん、曲が、来るのかなぁって、思ったら。全然ね、違う、リトグリに合った曲を提供してくださって。
MAYUねっ!うんうん。
かれんすごい、なんか改めて今聴いても「良い曲だなあ…」って思って。思いました。
MAYUやっぱ、違いますか?その当時と、今聴くの。捉え方というか、感じ方というか。
かれんえぇ~……。でもこれ聴くと当時のこと思い出す。
MAYU思い出すっ、やっぱりねっ。そうよねっ、うん。
かれんそう、そのレコーディングしてた風景とかもね、すごい思い出すし、レコーディングしながらヒャダインさんがすごい、良いところを褒めてくださったりとか、したので。すごい歌いやすかったなっていうのが。
MAYUあっ、私もっ!その、あの思い出がある。
かれんねっ!そうそうそう。
MAYU:やっぱり、褒めてもらえる部分がある方がね、歌いやすくもなるし。
かれんそう、「頑張ろう」って、思えたから、すごい、良い思い出ですね。
MAYUうん。良い曲ですね、やっぱり。なんか久しく、歌ってないから。
かれんそうだね。また。
MAYU&かれん:歌いたい。
かれんねっ。
MAYUうん。

 

★おたよりコーナー★

かれんサラサラヘアーさんからいただきました、ふふ(笑)
MAYUあらあら。
かれんMAYU、サラサラヘアー。
MAYU:私かな?私、私か?それ。
かれんっんふふっ(笑)ふふふふっ(笑)
MAYUふっ(笑)ふはっ(笑)
かれん〈私には、妹がいるんですが。〉
MAYU:あ、い、いますよ。私ですか?…あ、ごめんなさい(笑)ふふっ(笑)
かれんんふふっ(笑)〈いつも勉強する時に、音楽を大音量でかけて、歌いながら勉強しています。〉
MAYUええっ、すご~い!
かれん〈それなのに、いつも90点以上を取ってくるんです。〉
MAYUあ、天才やん。ふふっ(笑)
かれんふふっ(笑)リトグリの皆さんは、「これをすればすごく集中できる!」みたいなものはありますか?〉
MAYUああ~う~ん……。なんか私は勉強じゃなくて朝の身支度なんですけど。音楽かけると、なんか早く身支度できる、気がする。
かれんへえぇ~~。
MAYUアップテンポの曲聴くと、曲が、やっぱ、急いでる。急いでる?っていうの?(笑)
かれんああ~。ノリノリ(笑)ふふふっ(笑)リズムがあるからね?
MAYUから「急がな!」みたいな。うん。だから、妹さん?はあれかな。音楽に合わせてもしかしたら。こうさ、テスト勉強とかってさ、曲で、歌詞を、その覚えなあかん単語にして、歌に乗せて覚えるってあるじゃないですか。
かれんああ~!あるねぇ~。
MAYUもしかしたらそういう感じなんですかね。
かれんえ~、そういう感じなのかな?
MAYUでもすごくない?
かれん歌いながら勉強してて。
MAYU毎回、すごい良い点数を取るんでしょ?
かれんあれ、勉強と、歌、ね、違うことなのに二つのが、合うんかな。
MAYUでもなんか、あるんじゃない?自分の中のさ、そういうのが。この曲を聴くと、なんか、何かが。
かれんできる、みたいな?
MAYUあるんですかね。でも、すごいね。なんかありますか?
かれん普通、普通さ、歌聴いてるとそっちにさ、ノリノリになっちゃって。
MAYUそうねっ!
かれん:私は多分そっちのタイプだと思うんですよ。
MAYU:私もそうっ。うん。
かれんやっぱ曲好きやし、歌好きやから。多分、そっちの気になって、勉強やらなくなると思うんですけど(笑)
MAYUつかあれかな、なんかどっかでその、気持ちのメリハリをつけてんのかな。もしかしたら勉強して、一旦休憩で聴いて、みたいな。
かれんああ~……合間に?えぇ。
MAYUま、そういうのは大事ですけどね。
かれん天才。うん。
MAYUま、元々頭は良いんですよ。
かれんでしょうねっ。
MAYUそういうこと。
かれんはい。
MAYU……ふふふっ(笑)
かれんそういうことでしたっふふふ(笑)
MAYUかれんはなんかありますか?
かれん集中できる?
MAYUうん。
かれん:……集中できないのならありますよ?っふふふっ(笑)くくくくくくくっ(笑)
MAYU:んなやない(笑)も、あのー…質問の答えに、なんにもなってない、それ。
かれんくくくくくっ(笑)はー(笑)いっつもね、朝、テレビついてるじゃないですか、身支度するじゃないですか。
MAYUうん、うん。
かれん:テレビ観ちゃうんですよね。手が止まるんですよ。
MAYUうんうん。じゃあ、観るな。
かれんんふふふははははははっ(笑)
MAYU(笑)多分かれんは、じゃあっ!(笑)何もしないのが一番…。うん(笑)
かれんそうですっ!一つのことにしか集中できなくて。
MAYUなるほどねっ(笑)うん。
かれんテレビ観たらテレビに集中しちゃうんですよ。だから、身支度するってことに、私。
MAYUだから、その目的に集中するタイプってことね?うんうんうん。
かれん:そうそうそう!そうです、そうです。なので、妹ちゃんとは違うタイプの人ですぅ。はい。
MAYUはい。まあ、やっぱ、人間みんな違うんで。それでもいいと思います。
かれんはい(笑)ありがとうございまぁす(笑)
MAYUありがとうございますっ(笑)

ジングル「♪ミューズノート~ b~y Little Glee Monster~♪」

 

MAYUさて、今日のミューズノートは、『「お風呂に入らなければいけない、だがめんどくさい」という自分との葛藤で絶対に泣いてしまう』Little Glee MonsterのMAYUと、
かれんえへっ(笑)「読むと、絶対に泣いてしまうという本がある」、かれんがお送りしていますっ。
MAYUそうなんですかぁっ?
かれんはいっ。
MAYU:それ初耳なんですけど。
かれんほんとですかぁ?
MAYU:本、読むんですかぁ?
かれん:はいっ。
MAYU:……見たことないんですけど。
かれんふっ…ええっ?(笑)
MAYU:ふっははははははっ!!(笑)
かれん:それは嘘ぉ~っ!あのね、中学校の頃、絶対泣いてしまう。
MAYUあっ、があったんですね?
かれん読んでたのは、『恋空』です。
MAYU:ああ~~っ!!世代!!
かれんケータイ小説を、読んでたんですよっ!
MAYUめっちゃ世代やんっ!
かれんそう、休み時間に、中学生の時に読んで、ボロボロ泣いてたんですよ。で、最近、ボロボロ泣くのは、いぬじゅんさんていう方がいるんですけど。ファンの子から貰った本があって、いぬじゅんさんの本を読むと、前飛行機で、鬼、引かれるぐらい、号泣してました。っふふっ(笑)くっくっくっくっくっ(笑)
MAYU:マジそれもう鬼。それはもう、鬼です。
かれんっくっくっくっくっはー(笑)多分、周りの人「この子どうしたんやろ」って思うぐらい、号泣してましたね。
MAYUへぇー。でも、なんか、いいですね。私読書で、まだ泣くってことないから。
かれんない?ほんとに?
MAYUうん。私は、だからやっぱり、お風呂が、好きではないんですね?
かれんはいはい。うん。
MAYU:入ったら気持ちいいのは、わかるんですよ。でもも~さ、できればそのまま寝てしまいたいねん。でも「お風呂入らなあかんな(泣)」って思いながら。
かれんん~。泣いちゃう…。
MAYUやっぱ、絶対泣いてしまうんですね。
かれんいいですね…。
MAYUそんな感じでやらしてもらってます。
かれんはい。っふふふ(笑)
MAYUはい。ということでですね(笑)再び、私達が選んだ、「泣きたいときに聴く曲」に戻りたいと思いますっ。では、MAYUが選んだ曲はですね、1997年のCDデビュー以来、シングル41作が連続チャート一位Kinki Kidsさんの"雪白の月"です。
かれんあらあら。ちょっとわけわからないくらい凄いですね。
MAYUうん。あの、この番組で紹介するシリーズって、わけわかんないぐらい凄いこと多いですよね。
かれんそうですよね。前全員でね、紹介した時も、アース(Earth, Wind & Fire)さんのね。「ちょっと想像つかないくらいわけわかりません」ってね。
MAYUふふっ(笑)そうそう(笑)言ったよね(笑)
かれんはい、言いました。
MAYUあのその、なに。「1000万枚って何枚ですか?」みたいなもうノリですよね(笑)
かれんそう、ねっ。ふふふっ(笑)
MAYUはいっ(笑)ということでですね、この曲を選んだ理由はですね。あの両親が、Kinki Kidsさん、すごく好きで。
かれんあっ、そうなのっ?
MAYUそうなんですよ。
かれんそっからの影響?だったの?
MAYUそうなんすっ。で、車の中でよく流れてたんですね?で、そこで、もちろんさ、すごい有名な曲って私達も知ってたりするじゃないですか。
かれんはいはいはい。
MAYUだけど、ま、両親が好きだから、それ以外の曲も、流れてて。
かれんカップリング曲もね?
MAYUで、小学生ながら、「こんなに切ない曲があるんや」ってなって…。
かれんへぇ~。そっから好きなんだね。
MAYUそうなんですよ。そっから、聴くきっかけになった曲でした。ということで、それでは聴いてください。

 

M3: "雪白の月" KinKi Kids


雪白の月 / KinKi Kids (cover by Rune)

www.amazon.co.jp

 

かれん切なぁ~い……(泣)
MAYUんふふふふっ(笑)そう。だから、このテーマが来た時に、「あっ、もう絶対これピッタリ!」と思って、思い出した曲でした。
かれん「さようならと言われるよりも 言う方がきっとツライ」だって。切な…。
MAYU切ないよな。なんかでも、どっちなんやろって考える。ふふふっ(笑)
かれんい、「どっちの立場の方が辛いかな」って?
MAYUうん。歌詞はこう言ってるけど、実際、「でもどっちなんやろ?でも、この歌詞が言ってることもわかるな」とか、なんか、いろいろ。そ、この歌詞見てるといろいろ「自分はどっちやろ」っとかを、考えながら、聴いちゃう。
かれんあ~、なるほどね?確かに、まあ言われるのも辛いけど、切り出すのも辛いよね。
MAYUそう、なんかさ。この歌詞を見るまでは絶対にさ、言われる方が辛いって、思ってたの。でも、「確かに、言う側の気持ち、かあ…」とか…。くっ(笑)なんか、深いとこまで考えてる…(笑)ふははははっ!(笑)
かれん:深い…(笑)っははははっ(笑)
MAYU:なんかあった人みたいやんっ!(笑)
かれんあははははっ(笑)
MAYUそう、でも。なんか、「あ、深いな」って思う。うん。すごい、好きな曲で。なので流せて良かったです。で、ここでも小ネタがありまして。
かれんはい。
MAYUCDデビュー前まで、なかなかユニット名が決まらなかった二人。「KANZAI BOYA(カンサイボーヤ)」だった時は、芸人のようで相当ショックだったそう。
かれん:カンサイボーヤ…(笑)んふふっ(笑)
MAYUで、その後、1993年に、正式に「Kinki Kidsキンキキッズ)」になるんですが。あのー、当時、剛さんは「あんまり変わってなかった」と、落胆したそうで。光一さんも、「今となれば聞きなれたけど、最初の頃は恥ずかしかった」と、語ってらっしゃるそうなんですが。なんとですね、来月の頭に、この"KANZAI BOYA"という、シングルがリリースされるみたいで…(笑)
かれんあっははははは(笑)(パチパチパチパチ)
MAYUね、何年か経って、そこに行きついたんですかね。
かれん:原点に、帰るというね?
MAYUね、なんかすごいですよね。
かれんでも確かに、なんかキンキキッズって、なんかもう、聞き慣れすぎて、あんまり深い意味…。
MAYU確かにっ!
かれんその意味をね、考えたことなかったけど。確かに、そのまんま…。
MAYUそうですね、関西出身の、お二人なので。すごいですね。でもなんか、そういうの、いいですよね。その、当時は、嫌って思ってたのが、結果こう廻って、自分達のものになってるというか。
かれんうん。うん、確かに。
MAYUなんかね、なんかそういうの、素敵だと思います。
かれんあら。スタッフさんが、Little Glee Monsterって初めて聞いた時は、どう思ったか?」って。いやあ…すごい、なんか。「へぇぇ~…」って。「あ、リトル・グリー・モンスターになるんだぁ…」って。
MAYU私は、「えっ…。自分らの名前にモンスターつくんや…」って(笑)ふっ(笑)
かれんふははははははっ(笑)なんか、「長い、なぁ~…」って。
MAYUあっ、「長いな~」って?(笑)
かれん「不思議な名前だなぁ」って思って。で、意味を聞いて、「は~、なるほどそういう、意味合いがあったのか」と思って。
MAYUうんうん、うんうん。
かれんそう、あのー。Little Glee MonsterGleeには、音楽で人のことを歓喜する、みたいな。で、「Monster」大物。で、「まだまだ未熟でこれから大物になれたらいいね」っていう意味を込めて「Little」がついて、Little Glee Monsterっていうね、意味なんですけど。
MAYUそっ。意味はね、すごくかっこいいんですよ。でも意味聞く前は、やっぱ、「モンスター」って聞いたらやっぱ「怪物」やから…。
かれんうっふははははは…(笑)
MAYU「自ら怪物と名乗るのかあ…」っていう、感情もあったけど…。
かれんって、思った?(笑)はい。
MAYUでもね、今となってはリトグリっていうね、略しでも呼んでもらえる感じで。
かれんそうだね。
MAYUなんか、可愛い名前だと思います。覚えてもらいやすいしね。
かれんそうだねっ。
MAYU&かれんはい。そんな感じでございますっ。
MAYUはい、では続いては、かれんが選んだ曲にいきたいと思いますっ。
かれんはいっ。私かれんが選んだのは。思わず聴き惚れる美声で、通算25個のグラミーを受賞スティーヴィー・ワンダーの"Lately"です。
MAYUん~。またもうっ、もう、よくわからんワードがきましたっ。もう凄すぎてわかんないっていう。
かれんんふふっ(笑)ははははっ(笑)そうなんですよっ!そう、さっき言ってて。次の曲も、よくわからん人が来るなぁって、凄すぎるって。
MAYUあっ、思ってたのっ?(笑)んはっはっはっはっ(笑)
かれん思ってたんですよ(笑)ふふっ(笑)あの、この曲はですね、昔から結構好きで。あの、スクールに通ってた時代に習って、初めて聴いた曲だったんですけど。なんかスティーヴィーがライブで、ピアノで弾いてるのがすごい素敵で、好きな曲で。で、歌詞見てみるとすごい、切なかったんですよ。で、それがテーマにピッタリだなあって思って、選びました。それでは聴いてくださいっ。

 

M4: "Lately" Stevie Wonder


Lately

 

かれん良い曲~。(パチパチパチ)
MAYU良かったです…。ここにね、日本語訳があるんですけど。
かれんそ。これ、ほんっとに切ないんだよ。『君は「どこに行くわけでもないのよ」と言いながら、しょっちゅう香水の匂いをプンプンさせてたね』って、言ってるんですよ。
MAYUね、この女の人…は、なんかズルい女ですね。
かれんそうね…。「ある晩、君が眠りながら寝言で他の男の名を呼ぶのを聞いたよ」
MAYUあっ!そこ、そこ思いました。
かれん「でも君の気持ちを尋ねても、君はただ「あら私はちっとも変わっちゃいないわ」と答えるだけ」って。……辛い…。
MAYUこれ、男性は、気づいてるんですよねっ?
かれん多分、気づいてるんですよっ。
MAYUでも、気づかないふりをして、それでもいいから一緒にいたいんですよね?
かれん一緒にいたい…。
MAYU:え、無理ぃぃ~。もう、そういうの…(笑)ほんっとに、切ない…。なんで笑うんだよっ?
かれんっふふっ(笑)くっくっくっくっく(笑)っふふっ(笑)くっくっくっく(笑)
MAYU私、そういうの、好きですよ?(笑)うん。
かれん曲は、良い曲で。すごい、あれなのに。歌詞はすごっく切ないっていうね。
MAYUこれ、スクールの時代、歌ったんですか?
かれん:レッスンで。習って。
MAYUん~!
かれん:小~…?学生か中学生だったかも
MAYUそんな時にこっんな大人の曲を…(笑)ふふふふっ(笑)
かれんふふふははははっ(笑)はい。当時は多分全く意味わかってなかったと思いますね。
MAYUそうでs、そうですよねっ。でも私、今日初めて聴いたんですけど。イントロの時点で「あっ、好きぃ」ってなりました。
かれんあ、なった?良かった。でね、ここでまた、ちょっとわけわからない素晴らしさを(笑)
MAYUふっふふ(笑)はいっ。
かれん凄さを。
MAYUはいっ。
かれんちょっとお伝えするとですね。
MAYUはいっ、お願いしますっ。
かれんティーヴィーは11歳の時に、モータウンレーベルのオーディションを受け、社長に歌と演奏を聴かせると、即契約になった、そうです。
MAYU:11歳で…?
かれん:11歳で。で、デビューした彼は、1963年、ライブアルバムからのシングルカットで、全米一位を獲得。
MAYUはい。
かれん:…13歳の時です…。ちょっとよくわかんないんですよ。
MAYUっ!へっへっ…(笑)
かれん:13歳で全米一位獲るってどういうことですかねっ!?
MAYUひぃっ(笑)わっかんないです、私もっ!(笑)
かれん:全っ然わかんないんですけど。
MAYU:わかんないですぅっ!(笑)
かれんんっふふふ(笑)……全 米 で す か ら ね っ!?
MAYU:わかんないですぅっ!!っふへっ(笑)三回言ったぁ(笑)ふふっ(笑)
かれんはっはっはっは(笑)でですね、彼が初めて全英で一位を獲得したシングル"心の愛"。"I Just Called to Say I Love You "。「♪I just called~to say~I love you~♪」のやつですね。あっ、全然(音程が)違うかった(笑)
MAYUうん!うんうん!
かれんそ。この曲は元々、1979年に、日本のフォークデュオ、ブレッド&バターに提供した曲だったそうです。
MAYUはいはい。
かれんなんとこれはあのー、ユーミンさんが作詞で、細野晴臣さんが編曲を担当した、らしいんですけれども。
MAYUすごいですねっ。
かれんなんとその発売直前に、スティーヴィー本人から「映画の主題歌に使いたいから、先に発売させてほしい」と言われて、発売中止になり、5年後リリースの許可が出て、ブレッド&バターさんも発表したらしいです。
MAYUそうだったんですね…。
かれんなんかもう、わけわからん、ぐらい。あの、凄い人達がタッグ組んでますね。んっふふ(笑)
MAYUねっ、もう、あの、凄い名前しか出てきてなくて…っ!
かれん:スティーヴィーに、ユーミンさんに、細野さん。ふふふっ(笑)くっくっくっくっ(笑)
MAYUあの、小ネ、小ネタのレベルじゃないですよねっ…?ふふふっ(笑)ふふっ(笑)ふふふっ(笑)
かれんすごいねっ…(笑)私達が想像もつかない、経歴ということで。ふふふふっ(笑)
MAYUねっ。そうですねっ(笑)はい(笑)でも、あのすごく良い曲でした。
かれんはい。
MAYUはい。というわけで、今回は私達が選んだ「泣きたいときに聴く曲」をお送りしました。楽しかったですね。
かれん楽しかったですね。なんかMAYUの、好みがよくわかる。すごいいつも好きな、お二方のね。
MAYUね、わかりやすいですよね、多分私ね。
かれん曲を、新たに知れて、良かったです。はい。
MAYUあっ、ありがとうございます。私も、あのリトグリがくるとはちょっと予想してなかったんですけど。
かれんあっ、思ってなかった?
MAYUでもね、あの、話は、知ってたから。曲に助けられることって多いなって、改めて思いました。
かれんそうだねっ。音楽の力ですね。
MAYU&かれんはいっ。
MAYUでは最後に、私達リトグリの曲を聴いていただきながらお別れです。今日の曲はですね、"In Your Calling"です。やっぱりあの、ちょっとテーマにも沿おうと思って。
かれんそうですね?
MAYUうん、ちょっとね、感動系の曲を選んでみたんですが。
かれん良いと思います。
MAYU聴きどころとしては、結構、メンバー5人が順番に出てくる、よね、これ。
かれん確かに。そうだね。
MAYUね、結構、綺麗に、一人ずつ出てくるなって印象があるのと。最近がさ、結構みんなで、メインも変わるしコーラスも多いしみたいな。
かれんてんこ盛りみたいなね。
MAYUね。の曲が多かった分。
かれん多かったから。あえてシンプルに、みたいな。
MAYUね、よりメインに集中して聴いてもらえる、曲かなと思います。
かれん&MAYUはいっ。
MAYUそれでは聴いてください。ここまでのお相手は、Little Glee MonsterのMAYUと、
かれんかれんでしたぁっ!

 

M5: "In Your Calling" Little Glee Monster


伊藤美誠選手出演CMにLittle Glee Monster「In Your Calling」 『スターツ』新CM「伊藤美誠選手・道はじぶんでつくる」篇 「伊藤美誠選手・未来ロボット/トレーニング」篇

open.spotify.com

 

 

【BGMや略歴で紹介された曲】

ライブDVD/ブルーレイ『Little Glee Monster 5th Celebration Tour 2019 ~MONSTER GROOVE PARTY~

"ファイト!" Little Glee Monster

ライブDVD『Little Glee Monster Live in 武道館 ~はじまりのうた~

"会いにゆく" Little Glee Monster

MUSIC FAIR 2700回記念コンサート "桜" コブクロ×Little Glee Monster

"Can't Take My Eyes Off You" Little Glee Monster

書籍『恋空〈上〉―切ナイ恋物語』 美嘉(著)

"KANZAI BOYA" Kinki Kids

"Overjoyed" Stevie Wonder

"I Just Called to Say I Love You(心の愛)" Stevie Wonder

"特別な気持ちで(I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU)" ブレッド&バター