いろとりどり

音楽、映画、テレビドラマなど、いろいろなことを紹介できたら、いいな。ゆったり気ままに書いていく感想ブログ。の予定。のはずが最近は目下ラジオ文字起こしブログになっている(笑)

リトグリのミューズノート ラジオ文字起こし『感謝の心を込めた曲!』

リトグリのミューズノート】https://www4.nhk.or.jp/muse/

 この番組は、リスナーのあなたと一緒に楽しみながら、いろんな企画を通して毎回新たな音色を集め、リトグリが“音楽のミューズ”を目指すミュージックプログラムです!
NHK-FM 毎週木曜 午後11時 | 再放送 翌週木曜 午前10時 / ラジオ第1 再放送 毎週木曜 午後4時05分

(番組公式サイトより引用)

※この番組は、NHKラジオ「らじる★らじる」でも配信されています(最新週のみ、初回放送後1週間限定 聞き逃し配信)。https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/
※文字起こしはところどころ省略していますのでご了承ください。
※番組内で紹介された音楽は、可能な限りYouTubeのリンクを張っています。
※発言者と発言内容が一致していない場合もあります。その際はご指摘いただけると有難いですm(_ _)m

 

第11回『感謝の心を込めた曲!』(2020/3/19 初回放送)

芹奈はぁい。今回はね、私芹奈と、MAYUの、二人で。
MAYUはい。MAYUの。
芹奈お送りしたいと思います。はい。
MAYUいやミューズノートは初回しなので。
芹奈あっ。そっかそっか。
MAYUちょっとドキドキします。はい、という感じでっえへ(笑)やらせていただけたらなと、思いますっ。
芹奈っふっふっふ(笑)はい。
MAYUはいっ、ということでですね。三月に、もう中旬か。三月も中旬になりましたけども。
芹奈うん。うん。はい。
MAYUまあ、三月といえば卒業や別れの季節、っていうね、大きなイメージがあると思うんですけど。
芹奈はい。
MAYUなんか、あります?思い出みたいな。まあ私達はもう、全部卒業しましたけど。
芹奈思い出…。ま、そうですね…。なんだろうなあ…。……第二ボタンを、…貰った。
MAYUも、それはもう、素晴らしい、回答ですよそれ。
芹奈第二ボタンをもらったっていうくらいの思い出しかないかなっ。
MAYUいやそれ、「くらいに」ってそれちょっと、イヤミ。イヤミ、もはや。
芹奈ふふ~っはっ(笑)あ、イヤミ?あっ、ごめんごめんごめん。
MAYUも、理想の回答やん、それ。
芹奈あっ、ごめんごめん…(笑)そ、中学三年生の時に、なんだろ。お互いちょっと気になっていた、んですかね?
MAYUうん。そうです。
芹奈その男の子から、(すました口調で)「ちょっとこれ…受け取ってくんね?」
MAYU…って言われたん?
芹奈て言われて手のひらにポッと、第二ボタンを、渡されたわけですよ。
MAYU少女漫画やん…。
芹奈私、そんな第二ボタンなんて…貰えないだろうなって思ってたし。ま、転校…してすぐに、もう卒業ってなっちゃったんで。
MAYUうんうん、ね。うんうん、うん。
芹奈あんまり思い出もなく、卒業しちゃった中で、そんな第二ボタンをくれる子なんていないって思ってたら。まさかね、お昼休みにベランダ出て、その子がサッカーしてるのを見てた、その男の子から。第二ボタンを貰うっという…。
MAYUもうさ、あのー。芹奈と、manakaアサヒはね、同じ中学校だったんですよ。転校先。
芹奈うん、はい、そうですね。
MAYUま、芹奈は、中学三年生だったから、誰よりもその学校にいたのが短かったのに。
芹奈そうそうそう。
MAYU誰よりも良い思い出を作って卒業しましたよね。
芹奈ありがとうございます。
MAYUふはっ(笑)どういたしまして。
芹奈うふははっは(笑)そんな感じですね、私は。うん。その第二ボタン…ね~、今…。
MAYUどう、あるんですか、もちろん?
芹奈そう…ですね、これ聴いてたら、ちょっと申し訳ないんですけど(笑)その子が聴いてたら申し訳ないんですけど……捨てました
MAYUあっは!言っちゃう!!
芹奈違う違う違う(笑)そう…(笑)引っ越しするって時に、なんか「あ、これ…いいやもう。いらないや。」ってなっちゃって(笑)もう連絡も取ってないし、連絡先も知らないので。
MAYUうん。ま、取ってないね?うん。うん。
芹奈なんかね。残しておけばよかったなって思って。
MAYUね、思い出としてね?
芹奈そうそうそう。なんかね、子どもが産まれて、その自分の子どもに「お母ちゃん、こんな第二ボタン貰ってんで?」っていうね?
MAYUそういうね、思い出話もできたかもだし。
芹奈そう…う~ん、捨てなきゃよかったなぁって思うけど。MAYUとかありますか?
MAYUそうですねえ…。まあでも私達、上京、したじゃないですか。
芹奈うんうん。そうですね。
MAYUま、卒業ではなかったですけど、上京したのが早かったので。中学生の時で。なんか、私は中学校二年生の、ほんと二学期が始まるぐらいでもう行くって、なって。東京に。
芹奈うん。うん。
MAYUで、最初は担任の先生にしか伝えなくて、もうほんっといきなり決まって。もう「数日後には来てください」みたいな感じやって、とりあえず先生に伝えて。言うつもりなかったんですね?
芹奈全員に?全クラス。
MAYUそう全員に、言うつもりなくて。そう、先生だけちょっと呼んで、学校帰る前に。私、親友と帰ってたから、親友もまだいて。私が帰ってないから。で、もう一人仲良い女の子、友達もいて。で、廊下にいたから、「え、何の話してたん?」みたいな。だってそんなわざわざ先生とね、二人で話してるから。
芹奈うん、うん。うん。
MAYUで、そこでもう「あ、二人には言っちゃおう」ってなって。でまあ、何日かは通えたの。ほんでなんかもう先生が言って、みんな、もう全学年が知ってて。で、普通にクラスで授業始まるんかなぁって思ったら。英語の授業中だったんですよ、担任の先生が英語の先生で。そう、で急に普通にあの、先生の後に繰り返して発音するみたいなのあるじゃないですか。なんか、あの、私宛てのメッセージだったんですよ、それが全部。
芹奈:ええぇっ……!!英語のそのメッセージが?
MAYUそう。そう、英語言って、日本語で意味、言ってみたいな。あるじゃないですか。
芹奈はいはいはい。
MAYU全部それが私に宛ててのメッセージで。
芹奈すーっごい粋なことしますね、先生。
MAYUそう!で、授業してたのに急に、「じゃ真悠、ちょっと廊下出て」って、みんなに廊下出されて。
芹奈あれ。
MAYU椅子と私だけ出されて。私、副担の先生と廊下で喋ってて。鍵とかも閉められたんですよ。
芹奈ええっ。
MAYUで!呼ばれたら黒板とかも全部、バアァッて書いてくれてて。
芹奈うわあぁ…。
MAYUで、なんか、班あるじゃないですか、クラスごとに。班ごとの班長、かなあ?前に代表者が立ってくれてて、一つひとつの色紙に、「みんながついてる」って書いてくれてたんですよ。
芹奈いやあぁぁ~……。すごいっ。素敵ぃぃ~。
MAYUもうほんっとに鳥肌立った。ほんっとに、今でも覚えてるし。
芹奈:めちゃめちゃ泣ける青春ストーリーですよ、それ。
MAYUほんっとに…、これは一生忘れないと思います、私。
芹奈うっわあ、いいじゃないですか。
MAYUそう、なんか、あんまり卒業式の思い出とかって正直なかったんですけど、なんか私にとってやっぱり、大阪を離れるのってすごく辛かったんですね。なんか、東京の学校でもあんま馴染めなかったし。だけどそういう思い出があったから、なんか未だに思い出して。未だにやっぱ挫けそうになる時、帰りたいなと思っちゃう時もあるけど、それを思い出すと、未だに力を貰える。うん。エピソードです。
芹奈うわあ、いいですね~。もう、最高のパワーですよね、そういうのって。
MAYUそ、もう何よりも!
芹奈糧になるというかね~。へぇぇ~。
MAYUうん。パワーだから。そんな思い出がありましたね、私は。
芹奈素敵ですね。仲間想いですね。
MAYU仲間想いですねぇっ。うん。はい。ということで、皆さんも、卒業シーズンということでね、世の中の学生の皆さんも。今日は、二人が選んだミュージックテーマは、「感謝の心を込めた曲!」です。
芹奈はい。「感謝の心を込めた曲」って…ムズッ!
MAYUねっ、あの割とさ、すぐ選べるかなっと思ったけど、難しかった。
芹奈そう。うん。
MAYUけどまああの、すごい頑張って選びました。私も芹奈も。
芹奈ね。「感謝」って…ま、卒業だったりとか、上京とか。ま、いろいろね、卒業する時に先生に込めたとか、いろいろあるなあって思って、かなりいろんな曲を聴いて、選びましたね、私も。
MAYUいろんな形でね。うんうん。では早速、私MAYUから、いきたいと思いますっ。先日デビュー10周年を迎えられた、この番組の先輩、miwaさんの"ヒカリへ"です。
芹奈おお~。"ヒカリへ"。いいですねぇ。有名。
MAYUはい。そ、もう、知ってますよね。
芹奈名曲ですねぇ。
MAYUみんな知ってますよね。
芹奈はい。
MAYUなんか私が今回、選び方としては、曲自体に、なんだろ。直接的な感謝みたいな、曲ではなかったけど、私がそう捉えた曲として、選んだんですけど。まあさっきもね、冒頭でちょっと話してたみたいに、私中二の途中で上京してきて。上京前まで、小学校一年生から8年間ぐらいダンスを習ってて。
芹奈はい。おお~。
MAYUで、ほんと最後の発表会の日に、歌わせてもらったんですね。ダンスの発表会なのに。
芹奈ええっ。
MAYU歌を歌わせてもらって。で、この曲が、その発表会のフィナーレ?
芹奈おおっ、フィナーレで?
MAYUフィナーレ扱いで、同じダンススクールに通ってた子達、ほんと年齢バラバラなんですけど、「踊りたい」って言ってくれた子達がたくさんいて。
芹奈へえ~。
MAYU:私の歌で、踊ってくれたんですよ。
芹奈うわぁ~…。
MAYUそ、だからこの曲…。やっぱ有名だから聴く機会多いじゃないですか。だから聴くと、めちゃめちゃ未だに思い出します。
芹奈あ、その風景が。
MAYUうん。だからね、伝えられてないけど、「ああ、嬉しかったなあ。ありがとう、やなあ」っていう気持ちになるので、この曲を選びました。
芹奈すごいね、MAYUはすごい周りから愛されてますね。
MAYUでもほんとに、それは感じます。今も感じます。
芹奈愛がすごいもんね。
MAYUそう。なので、そんな気持ちだったので、この曲を選んだので、聴いてもらいたいなと思いますっ。

 

M1: "ヒカリヘ" miwa


miwa 『ヒカリヘ』Music Video

 

芹奈やっぱりすごく良い曲ですね。歌詞がさ、すごく良い。
MAYUうん。あの、私達もね、昔?カバーさせてもらったりもして。
芹奈あっ、そうね。したね、カバー。
MAYUなんか、すごいやっぱ思い出しました。すごい、未だに情景が浮かんだ。
芹奈う~ん。あ~、いいですねぇ。そのね、miwaさんって割と、なんだろ。淡々と歌うイメージがあるんですけど。
MAYUうんうん。
芹奈だからなんか歌詞とかも、聴き逃したりとか、するけど。やっぱちゃんと歌詞を見て歌を聴くと、こんなにも深いことを言ってるんだって、すごく思いました。
MAYUうん、うん。
芹奈「人は悲しみを知るために 生まれてきたの そんなことないもっと愛を知りたい…」とかね。
MAYUそ、なんか当時聴いてた時、まだ今より子どもだったわけじゃないですか。だからちょっと歌詞が難しいイメージがあったんですよ、この曲って。
芹奈うん、うん。あぁ~、うん。
MAYU耳には残るけど、歌詞が難しいなって思ったけど、今はもう普通に理解できるようになって。だからより、響くなぁって思います。
芹奈ね。
MAYUそんな感じです。はい。では続いては、芹奈が選んだ曲にいきたいと思いますっ。
芹奈はい。私芹奈が選んだのは、柔らかくも力強い歌声と、優しい世界観を持つ国民的デュオ、スキマスイッチさんの"奏(かなで)"です。はい。ま、この曲はですねー…。あの、そうですね、感謝を込めた曲っていうテーマなんですけど、卒業や別れの季節ということで、私もそういう思い出があるなというか。
MAYUうん、うん。
芹奈上京した頃に…私、6つ離れた兄がいるんですけど。その兄が、上京した頃に私に贈ってくれた曲というか。「兄が私に宛てた歌」だと、母を通して、兄が贈ってくれた曲というか。直接的に、「お前に宛ててる曲」ということは言われなかったんですけど、その時期ちょうど私と兄が結構、仲があんまり良くなくて。連絡も取らないとか。お互いが、お互いのやってることに対して、あんまり認め合えてなかった時期だったりもするので。
MAYUうんうん。うんうん。
芹奈そんな時に、兄が、「私に宛てた歌」って贈ってくれた時に。なんかちょうどね、私もなんか、もう全てが嫌…というか、になっちゃって。ま、ホームシックというか。そうですね、「実家に帰りたい」とか、「何で親元離れてるんだろうか。みんな家族と一緒に、楽しくやってんのに」みたいなね。ま、そういう時期あったと思うんですけど。誰だってあると思うんですけど。ま、その時に、兄が私に宛てた歌だと言ってくれて。
MAYUうん、うん。うんうん、うん。
芹奈私はその時、正直その"奏(かなで)"を知らなくて。かなり名曲ですけど、あんまりJ-POPっていうものを聴かないので、普段から。それを初めて聴いた時に、もうめちゃめちゃ泣いてしまって。…兄が、そんなに私のことを想ってくれてたんだというか。
MAYUね、そういう、今までずっと喋ってない期間とかが長くてそういう素振りがなかったのに。
芹奈そうそう。そ、何年も結構仲が悪い時期があったんですけど。やっぱり、兄とか家族がやっぱ一番の味方だな」って、その時に思わせてくれた曲ですね。
MAYUやっぱり、曲を通してだからこそね、伝えられるものとかもあるから。
芹奈そうですね。なんか初めてなんですよ。人から曲を贈られてきた、「お前に宛てた曲だ」っていうので贈ってきてくれたのが初めてだったので。なんかすごく、そうやって曲を通して贈るのもいいな、とも思ったし。そうですね。その上京した頃の、私の心とか、ちょっと空っぽになってる状態の心にすごく沁みた曲なので。このテーマだし、この曲を流してみたいな、と思いました。では聴いてください。

 

M2: "奏(かなで)" スキマスイッチ


スキマスイッチ - 「奏(かなで)」Music Video : SUKIMASWITCH / KANADE Music Video

 

芹奈はぁい。このね、すごい名曲ですよね。
MAYUもう、私は、もう。私と芹奈は普段、カラオケによく、行くじゃないですか。
芹奈そうね。
MAYUで、どっちかが歌うじゃないですか、必ずこの曲を。
芹奈うん、うん。
MAYU私、すごい勝手になんですけど。お兄ちゃんとのエピソードをさ、昔から知ってたからさ。勝手に、私が頭の中にイメージするのは、芹奈と、芹奈のお兄ちゃんなんですよ。
芹奈あぁ~…、ふふふっ(笑)
MAYUだから、もう、ダメ。
芹奈ダメ(笑)うふふ(笑)
MAYUもう、「♪かーいさーつの(改札の)♪」、もうさ、もう歌いだしがさ、すごく優しいじゃないですか。
芹奈そうそうそうそう。ね。なんか、私の兄って、すっげぇ不器用で、めっちゃ頑固で、めっちゃめちゃバカなんですけど。めちゃめちゃ情が厚いヤツなんですよ。なのに、だから、なんていうんですかね。情が厚いくせに不器用だから、ちゃんと素直に気持ちを伝えてくれないんですけど。
MAYUうん、うん。
芹奈こうやって歌を通して、伝えてくれたと思うと。その兄の気持ちを考えると、やっぱ、ちょっとねぇ。やっぱ、ね~。くるものがありますよね。
MAYU:やっぱどんだけ、さ。こうさ、喋らない期間とかがあってもさ、仲が悪くてもさ。やっぱおんなじ血が繋がってる兄妹なわけやし、家族なわけやし。
芹奈そう…。うん。なんかね、この「改札の前 つなぐ手と手」っていうのは、私と母が、手を繋いで歩いてる姿を思い描きながら、聴いてたらしくて。
MAYUうん。
芹奈:「突然ふいに鳴り響くベルの音」とかは、新大阪の、その、発車する音。ま、いろいろなんか私と母を客観的に見た、俺の気持ちを。っていうのをね、勝手に重ね合わせて聴いてたみたいで。それをね、贈られてきたのはすごくやっぱ嬉しかったですね。
MAYUうん、うん。うんうん。
芹奈でね、この間音楽番組でスキマスイッチさんとね、その"奏(かなで)"を一緒に歌うっていう機会があったんですけど。やっぱそういう思い出もあるから。しかもその、思い出があったっていうのを本人に伝えることができて。
MAYUねっ!ねっ。うんうん。
芹奈すごくなんか、それも共演できてるっていうのもすごい嬉しいなあ、とは、思いましたね。
MAYUすごいよねぇ~!
芹奈ぜひ皆さんも、"奏(かなで)"を聴いて、大切な人に贈ってみて、くださいっ(笑)


★おたよりコーナー★

MAYU〈高校一年生ガオラーですっ。私の音楽エピソードは、放課後、部活が終わった後、帰りのバスの中でリトグリの曲を聴くことです。〉
芹奈ん~。
MAYU〈私は、陸上部マネージャーです。特に、"いつかこの涙が"とか"ECHO"は、部活ソングとして毎日バスの中で聴いて帰るのが日課です。選手と一緒に毎日の部活を頑張ろうと思えるのは、リトグリの皆さんの曲のおかげです。これからも頑張ってください!〉ありがとうございます。
芹奈ありがとうございます。やっぱりね、部活の子達には"いつかこの涙が"がすごく響くんだなって、すごく思います。
MAYUね、人気ですよね。嬉しいですね、なんか。マネージャーだとしても、同じ選手とさ、しんどい思いとか悔しい思い、嬉しい思いとかもたくさん、ね、してきてるし。
芹奈うん。うん。
MAYU誰よりも一番、近くで見てると思うし。
芹奈そうね、選手の頑張りを目の前で見てるからね。
MAYUそうそうそう。だから、ま、私達の曲って応援ソングが多いけど。自分自身も頑張ろうだし、多分選手達を客観的に見てて、選手達に向けての気持ちっていうか。なんかそういうのもね、あるのかなってすごい思います。
芹奈うん。
MAYUでもこういうメッセージは、ほんとに、嬉しいです。
芹奈ねっ。ありがとうございます。
MAYUはい、これからもリトグリ聴くのを日課に(笑)、していただけたらなと思います!
芹奈ふふっ(笑)ねっ、お願いします!
MAYUありがとうございます。
芹奈ありがとうございます。
MAYU〈こんばんは。毎日たくさん、リトグリの曲で元気をもらっています!中でも、最近よく聴く曲は、"I BELIEVE"です。〉
芹奈ん~。
MAYU〈特に、歌詞の意味を考えながら聴くと、ジーンときます。私には妹がいて、お風呂を一緒に入るのですが。私が、ふと浮かんだリトグリの曲をカラオケかのように大声で歌っていると、妹がどんな曲でもハモってきます。〉
芹奈へえぇぇっ。
MAYU〈そこはハモらなくてもいいというところまでハモってきて、掛け声や振りつけも完璧で、毎日まるでライブ会場のようです!〉
芹奈ふふふっ(笑)うわぁ。
MAYUリトグリの皆さんも、お風呂で歌うことはありますか?これからもずっと応援しています。〉ありがとうございます。
芹奈ありがとうございます。楽しいねっ、それ。
MAYUねっ!なんか、嬉しいですね。
芹奈うん。
MAYUえ、でも私達、お風呂で結構歌いますよね?
芹奈お風呂歌います。めちゃめちゃ歌いますね。
MAYU歌いますよね。お風呂。お風呂って響くから。
芹奈そうっ。
MAYUなんか、より、上手く聴こえるんですよ。
芹奈そうそうそうそう!わかる。なんかいいかんじに聴こえんのね。
MAYU:お風呂で聴いてほしいって思う時あんもん!
芹奈うぁはっはっは(笑)皆さんに(笑)
MAYU「この曲、お風呂で聴いてほしい!みんなに!」って。思う時ある。
芹奈:お風呂ライブしますか、じゃ?(笑)
MAYU:お風呂ライブしましょーか!(笑)んふっ(笑)
芹奈MAYUん家に…っ(笑)ちょっとあの、ファン5名ぐらい…。
MAYUうん、5名ぐらい、うん。超レアライブ!
芹奈抽選で。そうそうそう(笑)
MAYU:……いいですねぇ。
芹奈ぃひっ、ふはっ(笑)いや、良くないよっ!何がいいねん!
MAYUあはっはっは(笑)はっはっはっはっはっ!(笑)
芹奈あはははっ(笑)
MAYUでも、わかる。えーでも、嬉しいですね。仲良いですね、でも。
芹奈仲良しだね。
MAYU姉妹で。
芹奈ねー、すぐハモってくる。ね、歌が好きなんでしょうね。
MAYUねー。嬉しいですね。やっぱり、同世代の子達とかって、あまりハモリとかコーラスって知らない子が多いけど。リトグリを好きになってくれて、コーラスとかハモリにも興味を持ってくれるね、声とかもいただくので。
芹奈うん、うん。ね、そうそう。うん。
MAYUなんか、嬉しいですね。ハモリの方をやってくれてるっていうのが、さらに嬉しいです。
芹奈嬉しい。ねぇー。嬉しい。
MAYUこれからもね、リトグリの曲、たくさん歌ってほしいです。
芹奈そうね、ライブにもぜひ、
MAYUねっ!
芹奈遊びに来てください。
MAYUそう!ほんとのライブにもね。
芹奈あっ、そうそうそう(笑)お風呂ライブじゃなく。ほんとにライブに。
MAYUうふふふっ(笑)それでね、一緒に、歌いたいですね!
芹奈歌いたいねっ。うん。
MAYUお待ちしてます!ありがとうございますっ。
芹奈ありがとうございます。

 MAYU今夜は、「感謝の心を込めた曲!」をお届けしていますっ。【最近は、人と人との、繋がりって、大切やなぁ~と改めて感謝している】Little Glee MonsterのMAYUと。
芹奈フッ…(笑)…【最近、パックに感謝している】芹奈が、お送りしています…。
MAYU…。パックは大事ですよね。
芹奈っ(笑)、パックは大事ですねっ…(笑)っふっはっはっは(笑)くっくっく(笑)
MAYUそ。人と人との繋がりも大事やし、それと同じぐらい、やっぱパックって、私は大事やと思ってる。
芹奈パック大事よっ。そうっ。あの、肌を、やっぱ綺麗にしてくれるのが、パック…!
MAYUそ。で、それが、また人との繋がりに繋がっていって、
芹奈そう…っふっあっはっはっはっはっ(笑)…っくっくっくっく(笑)はー、はー(笑)
MAYUで、人との繋がりがあるからこそ、パックという、あのね、女性にとっては嬉しい商品が出てるのは、やっぱ繋がってるんですよ。
芹奈ね。そう、えっ、そうそうそう。やっぱりね、人と人との、繋がり。
MAYUそう。繋がりと、パックっていうのは、一見離れてるものに感じるんですけど。実は、繋がってて。
芹奈はい。こうやってね、優しくフォローをしてくれる、MAYUちゃん。
MAYUぶふっ(笑)
芹奈優しくフォローしてくれるMAYUちゃんね。ありがとうございます。そういうMAYUに、感謝しています。
MAYUそうやって言ってくれるね、優しい芹奈姉さんに私も、感謝しています。ありがとうございます。
芹奈ありがとうございます。ふふふっ…(笑)
MAYUはいっでは再び、(笑)私達が選んだ、「感謝の心を込めた曲」に、戻りましょう…っ(笑)はい。ということで、続いては、私MAYUの選んだ曲です。透き通る心地よい歌声が魅力、伊藤由奈さんの"Precious"です。
芹奈ん~!"Precious"いいね!
MAYU"Precious"ね。これもま、もう有名ですけど。
芹奈ね。なんかリトグリでも、一回歌ったことあるよね。
MAYUありますね。うんうん、うんうん。これもですね、また上京の話になるんですけど。上京が決まって、地元・大阪の中学校へ、通う最後の日。
芹奈うん。
MAYUに、歌ってほしいって言ってもらったんですね。先生が、歌ってほしいって言ってくれて。
芹奈うん、うん。
MAYUや、もう私「絶対無理」って、思ったんですけど。でもせっかく言ってもらったから、「歌おう」って思って。でも何の曲を歌おうと思って。で、その時期に、担任の先生の結婚が、決まって。
芹奈おお~っ。
MAYUだからその先生に向けてと、おんなじ学年の子達が、私のためだけに体育館に集まってくれたんですね。
芹奈:ええぇー!…すごいね。
MAYUそう。…正直、申し訳ないっていう気持ちもあったんですよ。だって私が転校するってだけやのに。
芹奈うんうん。うん。
MAYUでも、みんな来てくれて。普段、仲良かったけど登校時間に来ない友達、男の子とかも、その日だけは来てくれて。
芹奈へえぇ~…。
MAYUなんかそれも嬉しかったし。で、そう。そのおんなじ学年の子達の前で、歌わせてもらって。その先生へ結婚おめでとうございますという気持ちと、みんなへのありがとうの気持ちを込めて、この曲を選んで、歌わせてもらった。
芹奈すっごいね…!え、クラス?全クラス?
MAYU全、学年?おんなじ学年。
芹奈:ああ~!の、前で歌ったの?
MAYUそ。
芹奈:すごっ!!
MAYUだって私のためだけに体育館を貸してもらったんですよ、その時間に。
芹奈いやぁ~…すごいわ。
MAYUなんかもうほんっっとにあの…。
芹奈:スターだねっ!その学校の中での。
MAYU…って思ってくれてたのかな?
芹奈スターだったんだよ。うんうん。
MAYUでもなんか、みんなが応援してくれた。なんだろ。なんか、そういう、傷つくようなこと言ってくるような子はいなかったな、みんな。もうほんっとになんか。私は、未だに向こうの友達とかと会う方なんですけど。
芹奈うん。うん。
MAYUこう、友達でありつつも、尊敬してくれてるのがすごく伝わるから。うん、そうですね、なんかほんとに、自分で言うことじゃないかもしれないけど、ほんとになんか、愛されてるなと思います。
芹奈や、愛されてる、愛されてる。みんな尊敬してるね。MAYUのこと。
MAYUうん。でもそれは、ほんとに嬉しいですね。
芹奈すごいね。この"Precious"を体育館で歌ったと。
MAYU歌ったね。歌いました。まだ全然、MCとかも…MCっていうかさ、ま、最後の日やからちょっと喋らせてもらってさ。でも今みたいにさ、話に慣れてるわけでもなかったから。
芹奈うん、うん。うん、うん。
MAYUもうなんかもう、グチャグチャな、まとまってない言葉とか喋りながら言ったのもすごい、覚えてます。
芹奈んふふっ(笑)ん~。
MAYUなんか、そんな思い出もあるので、皆さんにも聴いてもらいたいなと、思いますっ。それでは聴いてください。

 

M3: "Precious" 伊藤由奈


LIVE : 💞 Yuna Ito - Precious /ap Bank fes ´09 💞 OST " Limit of Love "

 

MAYUああやっぱ、良いですねこの曲。すごい好き。
芹奈あの、すごい映画が、思い浮かびますね。
MAYUそうですね!
芹奈海猿』。
MAYU海猿』。…そっか、私達も知ってる、世代ですよね。
芹奈そうですね。
MAYUで、恒例の、情報によりますと。伊藤由奈さんはロサンゼルス生まれハワイ育ち。で、ハワイに住んでいた頃は、日本の女子高生のルーズソックスに憧れたそうですが、ハワイじゃ暑そうということで諦めていた。
芹奈くっふふっは…(笑)可愛い…っ。
MAYU可愛いですよねっ、このエピソード。
芹奈:マジで小ネタやん!(笑)
MAYUそ、ちょっと読みたかった。思わず、可愛くて読みたくて。すぐ言っちゃったけど。
芹奈っくっくっくっくっふふっ(笑)ねえ。すごいさぁ、日本語がすごく丁寧に聴こえるじゃない。
MAYUうん。うん、うん。
芹奈でもさっきね、作家さんと一緒に話してたんですけど。なんか、レコーディングの時は、歌詞がどうこうじゃなく、ちゃんと歌えるかどうかを。
MAYU:発音重視でね。
芹奈そうそうそうそう。してたみたいで。なんかあんまり、日本語が苦手…だったらしいんですけど。苦手なのにも関わらずこんなに、なんていうの?違和感がないというか。
MAYUうんうんうん。ないし、ちゃんと感情も伝わる、から。
芹奈そう。私だって、当時、すごい幼かったんで、日本の方だと思ってたから。てっきり。
MAYUねっ。私も思ってました。
芹奈違ったっていうのが、すごい驚きというか。
MAYUすごいですねぇ。うん。
芹奈プロですね。うん。
MAYUはい。次は、芹奈の選んだ曲にいきたいと思います。
芹奈はいっ。私、芹奈が選んだのは、幅広く愛される朝ドラ主題歌アーティスト、いきものがかりさんの"YELL(エール)"です。
MAYUこれも知ってます。
芹奈まあ…。卒業式と、いえば!この曲。
MAYUや、ほんとにそうですよね。最初に浮かぶもん。
芹奈そう!この曲だと思います。歌詞も、すごく、良いんですよ。「サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ Yell」。なんか、ほんとに思います。卒業式って、「もうこの子達とお別れしちゃうんだ」っていう寂しさがあると思うんですけど。サヨナラじゃない、と思うんですよ。それぞれの道に行くだけだから。ね。
MAYUうんうん、うん。また会えるもんね?
芹奈そうそうそう。だから、そのあまり悲しまないでというか。
MAYUうんうん。わかるよ?そんな、悲しい、別れじゃないよね?うん。
芹奈ない。うん。前向きな、感じだからね。
MAYUわかる。「またそれぞれの道を行って、また会おうね」っていう。
芹奈そ。「おっきくなってからまた会おう」っていうね、感じだから。なので、最後に、この曲を聴いていただきたいと思います。

 

M4: "YELL" いきものがかり


いきものがかり 『YELL』Music Video

 

MAYUということで、今回は、私達が選んだ「感謝の心を込めた曲!」をお送りしたんですが。
芹奈はい。なんか今回、割と私達の思い出と共に、曲を紹介するって感じだったね。
MAYUうん。ねっ。なんかなかなか今までそういうことがなかったから、こんなに自分の話をしたことがなかったので。
芹奈すごいしっとりとした、回でした。
MAYUねっ。はい。では最後に、私達リトグリの曲を聴いていただきながらお別れです。今日の曲は、"いつかこの涙が"です。
芹奈はい。先ほどね、メッセージでも"いつかこの涙が"をね、出してくれてたので。まああとは、感謝の気持ちを込めた、曲ということで。この"いつかこの涙が"を流したいなと、思ってます。
MAYUはい、それでは最後に聴いてください。ここまでのお相手は、Little Glee MonsterのMAYUと、
芹奈芹奈でしたっ。

 

M5: "いつかこの涙が" Little Glee Monster


Little Glee Monster 『いつかこの涙が』Short Ver.

 

 

【BGMや略歴で紹介された曲】

"HiKARiE Remix ~English version~" miwa

"ボクノート" スキマスイッチ

"全力少年" スキマスイッチ

フジテレビ『MUSIC FAIR』(2019年6月15日放送) "奏(かなで)"コラボ

"ECHO" Little Glee Monster

"I BELIEVE" Little Glee Monster

"Faith" 伊藤由奈

映画『LIMIT OF LOVE 海猿』TSUTAYAサイトに飛びます。)

"SAKURA" いきものがかり